Spectrumは、部門間や顧客との関係性に必要な社内外のデータを統合する「基盤」です。ビッグデータ対応やCRM業務、分析業務を実現するためには、業務ロジックと、データ統合の両面で検討することが重要です。

Spectrum




日々の業務で諸システムを通じ生成される企業内の膨大なデータを蓄積・分析・加工し、企業の意思決定に活用するためのBI。また詳細な顧客データを元に顧客ニーズへ細やかな対応を通じて利便性よ満足度を高め、顧客の囲い込みによる収益率の向上を図るためのCRM等が企業の情報戦略において非常に重要な位置を占めています。

業務を遂行する上で”データ”は非常に重要です。しかし、そのために「必要」かつ「正しい」データを用意することは簡単ではありません。社内業務システムから抽出・統合したデータをルールに基づきマーケティング施策に利用します。施策結果も反応データとしてまた蓄積されます。このような膨大なキャンペーン結果データを取りまとめる作業にも多くの時間と労力が必要とされる事は想像に難くありません。

Spectrum は、この問題を解決します。企業内の多岐にわたる業務システムから、形式が異なるデータを収集し、BIシステムで利用するためのデータ加工の作業や、Webやメールなどの複数チャネルで展開しているマルチチャネルのマーケティング反応データを集約することは、日々データが増えていく中、マニュアル作業で対応できるものではありません。

一連の作業を自動化することにより、分析やマーケティング施策実施のために必要ではあるが、煩雑な準備作業から解放され、本当に必要な業務のみに集中でき迅速に高品質な結果を得ることを可能とします。

加えて、複数の顧客データベースを統合して、顧客情報の一元化も実現できます。企業内にある情報だけでは不足している場合には、住所情報を地図に展開する為の緯度・経度情報を追加、外部の企業情報や、統計情報などを自社の顧客データベースに取り込むことで、さらに豊富な情報を基にした分析が可能となります。

データ品質の向上により、企業の財産ともいえる顧客データを有効に活用して、ビジネスチャンスの機会ロスを減らし、ビジネスパフォーマンスを強化し、正しいリスク分析をすることで、業務を強化することができます。企業の情報資産を管理し、企業全体のビジネスプロセスの最適化を実現します。

Spectrumは、以下の機能を活用して企業内の様々なデータの統合をします。

  • ETL(データ抽出)機能
  • マスターデータの分析を強化するMDM機能
  • データの表記を統一するデータクレンジング機能
  • 名前の照合や標準化を行うクレンジング機能
  • 最新の住所などに正確に修正するクレンジング機能
  • データの重複などを整理するデータマッチング機能
  • 自社で保管しているデータに外部データを追加するエンリッチ機能
  • 住所情報に、緯度経度を追加し、ロケーション分析を可能にするエンリッチ機能
  • 地図へのマッピング機能、地理空間演算など、空間処理を可能にするロケーションインテリジェンス機能
  • 企業のデータ品質を管理・モニタリングするデータガバナンス機能

<Spectrum サーバ (Windows版環境)>

@ソフトウェア要件

OS:

※ 下記OS全てについて、64ビット版である事が必須です

- Windows 2003 Server

- Windows 2008 Server

- Windows Server 2012 R1 & R2

(R2ではEnterprise Tax モジュールはサポートされません)

 

@ハードウェア要件

ディスク容量:

インストール容量として3GB(基本モジュールのみの最少容量)

作業用領域として最少2-3GB

メモリ:

8GB以上推奨

 

@注意

消費ディスク容量および必要メモリは、インストールを予定するモジュール

(およびデータ)によって増加します。

 

<Spectrum サーバ(Unix版/Linux版環境)>

@ソフトウェア要件

OS:

※ 下記OS全てについて、最少で8192のファイルディスクリプタが必要です

ulimit n 8192

※ 下記OS全てについて、64ビット版である事が必須です

- AIX 6.1

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- AIX 7.1

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

Address Nowモジュールを使用する場合はgcc332ライブラリが必要です

- CentOS 5

Enterprise Tax モジュールはサポートされません

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- CentOS 6

Enterprise Tax モジュールはサポートされません

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- HP-UX 11.31(Itanium)

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

Address Nowモジュール、Enterprise Taxモジュール、GeoConfidenceモジュール

Location Intelligenceモジュールはサポートされません

- Oracle Linux 6

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- RedHat Enterprise Linux 5

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- RedHat Enterprise Linux 6

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- Solaris 10  (SPARCのみ)

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- Solaris 11 (SPARCのみ)

Enterprise Tax モジュール、Universal Address モジュールはサポートされません

- SUSE 10

スタンダードSUSE 10.1ディストリビューション同等のglibc-2.4-31.2が必要です

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

- SUSE 11

glibc-2.9またはglibc-2.11.が必要です

Universal Address モジュールでのValidate Address AUSはサポートされません

以下のようにインストールされたランタイムライブラリが必要です

zypper install libstdc++33-32bit zlib-32bit

- Ubuntu 12

以下のようにインストールされたランタイムライブラリが必要です

apt-get install libstdc++5:i386 zlib1g:i386

Address Nowモジュール、Enterprise Geocodingモジュール(U.S. はサポートされません。

他国はサポート)、Enterprise Tax モジュール、SAPモジュール、Siebelモジュール、

Universal Address モジュールはサポートされません

 

@接続可能データベース

Oracle / MS SQL Server(左記の2製品についてはあらかじめドライバが付属しています)

上記以外にも、JDBCドライバが提供されているデータベースを利用することができます

 

<Spectrum 9 クライアント ※クライアントツールはWindows版のみです>

@ソフトウェア要件

OS:

- Windows XP または、Windows 7

その他ソフトウェア:

- Java Development Kit 1.7

- Microsoft .NET Framework 4.0

- Microsoft Silverlight 5

- Acrobat Reader 7 以上(レポート参照時)

@ハードウェア要件

- ディスク容量

クライアントツール本体のみの場合、最少で86MB

Client SDK(API)利用の際は、1.25G以上

@その他

- 1024 x 768モニター

@注意

消費ディスク容量は、サーバにインストールを予定するモジュールによって増加します。

稼働環境はバージョンによって異なります。最新の情報はお問い合わせの上ご確認ください。

各ソリューション製品の詳細

高性能・高機能ETL

Sagent Data Flow