Spectrum™ Spatial Analyst

「MapInfo Pro」で分析したマップをサーバ上で共有

『Spectrum™ Spatial Analyst』は導入が容易で、すぐにオンプレミス環境にて運用がはじめられるウェブベースのマッピングアプリケーションです。ビジネス情報を地理的に分析する「MapInfo Pro」で作成した地理的なデータや分析マップをサーバ上で共有し、関係者のPCやスマートフォンなどお手持ちの環境から常に閲覧を行うことができるようになります。公共的な情報を告知したり、ビジネスユーザーが地図情報のリクエストを行ったり、企業内の地理的なデータをチーム内、市民、顧客、パートナー企業などと共有するのに最適なソリューションです。

Spectrum Spatial Analyst – Web GISアプリケーション

Spectrum Spatial Analyst の特徴

すぐに導入効果が得られる

Spectrum Spatial Analyst は導入してすぐに運用が可能で、費用対効果がすぐに得られるように設計されています。

高い生産性

地理情報から得られる知見を、必要とするすべての従業員や経営者に費用対効果の高い方法でお届けします。これによってビジネスのパフォーマンスとスピードが向上します。

セキュリティ

ユーザー別、役職別のアクセス権を設定し、アクセスを許可された情報のみ閲覧できる仕組みになっています。                                                                                                                                                                                                                                                                                 

組織間の情報連携

最新で正確な状態の位置関連情報を全社横断的に包括利用することによって、優れた意思決定を行えます。

デバイスやプラットフォームを選ばない

デスクトップPCのブラウザはもちろん、iOS、Android、Windowsなど一般的なすべてのタッチ型デバイス上で、ウェブマッピング、モバイルマッピング、クエリ、分析を行うことができます。

スムーズな導入と既存システムとの統合

Spectrum Spatial Analyst はOut of Boxで提供されているので、ブラウザベースの高機能なWeb GISアプリケーションがあっという間に導入できます。JavaScript APIを用いたシンプルなカスタマイズ、および既存アプリケーションとシームレスな統合を行うこともできます。

信頼性と拡張性

グローバル企業から創設間もない小企業まで、 Spectrum Spatial Analyst はあらゆる規模の組織に対応できるように設計されています。つまり、ユーザーを増やしたり、複雑なGISの空間データや画像情報なども容易に追加できます。

顧客の満足を最大化

ブラウザベースでGIS、マッピングおよび位置情報サービスを顧客や市民と共有して情報共有を行います。セルフサービスで情報を得ることが可能になるとともに、満足度とロイヤルティを高める効果も期待できます。                                                                                                                                                                                                          

メリット

MapInfo® Proとのシステム連携

  • デスクトップ環境における地理的分析の専用ツール「MapInfo® Pro」で得られた地理データや分析マップなどの成果をアップロードするだけで、マップのシェアが実現
  • 専用ツールによる高い分析力や表現力をもつマップを最大限活用することが可能

ユーザー属性に応じたデータアクセス許可

  • 重要な要素を含む情報は内部利用に限定する一方、公開可能なデータは外部にまでアクセス可能とするような運用も行うことができます

ビジネス課題の発見と共有

  • 使い勝手のよいWeb GISアプリケーションを通じて、ロケーションベースのビジネス課題を発見する
  • 使用頻度が低くGISに不慣れなユーザーにも使いやすい設計

GIS担当者の負担軽減

  • GISを通じて空間データ情報や空間分析機能から決定的な成果が得られるので、ビジネスアナリスト本来の高い能力がさらに発揮できるようになります。

企業規模に応じた、フレキシブルな運用

  • 低コスト・低リスクで、強力な空間分析機能を導入
  • 組織全体でロケーションインテリジェンス、データ、地理情報システム(GIS)の可能性を広げ、GIS/マッピングエキスパートが持つ専門知識を高めます。

無駄なコストを削減

  • データのサイロ化を排除することで、無駄を省きながら生産性とビジネスパフォーマンスを向上させます。

合理的な運用

  • 変化するビジネス上のニーズと要件に合わせ、ソリューションの展開と見直しを手軽に行うことができます。