Bank J. van Bredaは、ワイヤレス/ペーパーレスへの移行で顧客満足度を改善することに成功

ワイヤレステクノロジーへの対応により、同行は顧客を訪問することが出来るようになりました。社員はタブレットを使い、外出先からリアルタイムで顧客口座にアクセスできます。

お客様の概要

ベルギーの銀行、創業80年

法人部門のみ/同族経営

小売業、医師、中小企業に特化

ビジネス目標

ペーパーレス環境を実現

コミュニケーションをデジタル化/合理化

既存のコンピュータシステムに後付け

利点

顧客との取り引きをペーパーレス化

収益改善への専念が可能に

10%の人員削減

エグゼクティブ サマリー

「お客様を中心に考えて新しいインフラストラクチャを構築したので、お客様が求めるものに合った商品を提供できます。」 Marc Wijnants 氏
ITディレクター
J. Van Breda & Co.

銀行は近年、IT化を急速に進めていますが、バックオフィスの部門は一部を自動化するに留まり、入力や出力の処理に大量の紙を使うことは珍しくありません。

同行は、3、4年かけてペーパーレスへ移行することを目標に掲げ、Pitney BowesパートナーであるDocument Dialogとの提携による大規模プロジェクトのフェーズ1をこのほど完了しました。

ビジネスニーズ

ペーパーレス化を実現し、顧客が必要事項を記入して署名する書類さえも電子化したことは、van Bredaが既存のメインフレーム環境を全面的に見直したことを意味します。この旧システムは開発から20年が経過し、同行の—お客様ではなく—商品を中心に置いて設計・構築されたものでした。「資産運用の信頼できる中立的なアドバイスをお客様に提供したいのであれば、全体を見渡す視野に立つ必要があります」と、ITディレクターのMarc Wijnants氏は説明します。

Document Dialogは、同行からの要望を分析した末、文書作成環境を(DOC1の導入で)改善し、eメッセージングソリューションを使ってドキュメントを処理し、クライアントとのコミュニケーションのデジタル化と合理化を行うことを提案しました。

ソリューション

Bank J. van Bredaの顧客は、一般に、店頭に足を運ぶ時間がなく、銀行からリレーションシップマネージャーが客先を訪問していました。DOC1®とe-Messaging Solutionソフトウェアを備えた新しい運用アプリケーションは、このプロセスにも対応しています。

「これらのソリューションはデジタルアーカイブなどの社内アプリケーションとも適切に統合されているようで、システムの管理もシンプルになりました」と、Wijnantsは評価しています。

現在、リレーションシップマネージャーはタッチスクリーン型タブレットPCで無線接続を使って銀行のサーバーにアクセスし、顧客や市場の情報を得ています。

顧客は、口座の情報を表示し、デジタルペンや電子IDカードを使って文書に署名できます。約書も、確認のため電子メールで送信できます。

「Document Dialogから提供された知識、経験、および技術支援のおかげで、お客様に明確な方法でアドバイスを伝えることができます。情報を伝えるために使う手段にはまったく左右されません」と、Wijnants氏は説明しました。

結果とメリット

「おかげ様で、山ほどの書類をお客様とやり取りし、ペーパーワークに追われる日々に、ようやく終止符を打つことができました。」 Marc Wijnants
ITディレクター
J. Van Breda & Co.

リレーションシップマネージャーと顧客の双方が、ペーパーレス化による効率アップの恩恵を受け、オンラインで口座情報に簡単にアクセスし、承認できるようになりました。

業務の効率が10%以上改善した結果、アカウントマネージャーは顧客訪問とコンサルティングの機会を増やし、新規の顧客や収益の開拓に取り組めるようになりました。

入力の業務が合理化され、正社員10人に相当する人員削減が可能になりました。