Anti-money laundering (マネーロンダリング防止)

低コストでより良い結果をすばやく達成。

ピツニーボウズでは、Spectrumをベースに、金融犯罪の検知・解決がより短時間、より少ない資源で可能になるよう、FCC(Financial Crimes and Compliance: 金融犯罪とコンプライアンス)のためのリレーション分析機能を構築。既存のAMLソリューションでは未解決の、エンティティ間の関係性およびトランザクション上の問題を検出する機能を提供します。これにより関係者やアカウント、取引の複雑な関係性を素早く発見して結びつけ、可視化することができます。

あらゆる規制に関する正確性と効率性を向上し、既存のAMLソリューションの検出精度が大きく向上します:
• マネーロンダリング防止(AML:Anti-money laundering)
• 顧客確認(KYC:Know Your Customer)
• 詐欺防止
• 制裁スクリーニング
• 金融活動作業部会(ファトフまたはFATF:Financial Action Task Force)

顧客と取引の実態を把握

監視の拡充

関係性の監視

先端のエンティティ解決機能を駆使して、複雑かつあいまいな関係を検知・特定・可視化します。

生産性の向上

生産性の向上

顧客の全体像を把握します。警告を強化し優先順位を付けて調査担当者の効率を向上します。

節約の促進

コストの節約

事案の処理を合理化・自動化し、取引監視システムでより多くの規則を適用できるようにします。

機動力の強化

柔軟な構築

新しい規則へ迅速に対応し、既存のプラットフォーム、システム、プロセスを活かしてより大きな成果を挙げます。

機能

エンティティの特定

貧弱で一貫性の無いデータを克服して、信頼できるエンティティの特定。

  • 異なるデータベース、アカウント、取引を横断して関係者を発見。
  • アドレスの違いなど、欠落した情報を検証・確認。
  • 誤字や通称、文化的な相違があっても一致を発見。
  • 独自の識別子を活用して包括的な顧客プロフィールを生成。

統合顧客ビュー

記録とアカウント(口座)、関係性を統合したビュー。

  • 事案に関連するすべての内容を1つの画面で起動・表示。
  • 顧客プロフィールを明白ではない関係も含めて可視化。
  • オンボーディングおよびオリジネーションに関する文書へのリンク。
  • 場所・ネットワーク・関連する第三者の関係をマッピング

調査担当者の生産性

各プロセスを強化・平準化。

  • 既存のツールで欠落しがちな結合を作成。
  • 複数のシステム間の切り替えに要していた時間をゼロに。
  • 警告を強化し優先順位を付ける、顧客中心の規則を採用。
  • カギとなるパフォーマンス指標を特定し解決を実証。

素早い導入

既存のAMLインフラを増強。

  • 既存のプラットフォームやシステム、プロセスの廃止・交換は不要。
  • 中断の必要がないテクノロジーを数週間以内で展開。
  • 既存のデータ品質と価値を向上。
  • 日々のワークフローを合理化・迅速化。

プロフェッショナル・サービス

価値創造の期間を短縮。

  • 経験豊富なコンサルタントチームと協力。
  • 実績ある5ステップの Pitney Bowes Pathway® methodology を活用。
  • プロジェクトのリスクを軽減。
  • 予測可能性・信頼性・タイムリーな結果を確保。