グローバルeコマース

海外顧客により魅力的な発送方法を提供するには

グローバルな商品ラインアップを拡充し、新しい顧客を獲得するための簡単な8つのテクニック。

e コマースが国境の垣根を低くしたことは、疑いの余地はありません。国境越えた e コマースは現実のものであり、既に数十億の金額がオンラインで取り引きされています。しかし、商品の発送は、未だに容易ではありません。海外発送のソリューションやベストプラクティスはいくつかありますが、万能薬はないのです。この記事では、顧客の目線に立って海外発送を考えます。発送をより魅力的なものにする簡単なヒントがいくつかあります。

配達日数の異なる複数のオプションを用意する

国内の発送では、速く届くが料金の高いエキスプレス便と、時間はかかるが料金の安いオプションを用意するのが一般的です。しかし、海外発送の場合、多くの業者は1つの発送方法しか提供していません。国内の顧客と同様、海外の顧客も送料と配達日数の組み合わせについて明確な好みを持ち合わせています。

送料無料なら申し分なし、少なくとも合計金額に送料を含める

顧客は、小売店舗に足を運ぶときの交通費は気にしないようです。しかし、オンラインショッピングでは配送コストが見えなくなると、途端にそれが気になるようです。そのため、送料無料は e コマース成長の大きな起爆剤となりました。顧客は海外への送料無料を歓迎するでしょうが、それでは採算が取れません。しかし、少なくとも発送に関連する負担額がいくらになるのか、顧客に正確に伝える必要はあります。この金額には次のものが含まれます。

1. 付加価値税、消費税など

2. 輸入品への関税

発送した荷物への課税額が常に一定で、事前に無条件に予測できる国ばかりではありませんが、顧客はこのような負担額を自分で調べたいとは思いません。海外に発送する場合、コストの総額をリアルタイムで提供できる物流業者と提携するのがいいでしょう。

配送の一部として郵便制度を利用する
多くの国に、信頼できる総合的な郵便制度があります。それ以外の国で物流基盤が未発達な場合は、国が運営する地域郵便制度によってのみ、より多くの地域に荷物を配達できます。このようなケースでは、地域郵便制度を配送の最終の区間に用いるのが合理的です。その場合、顧客がその地域郵便制度を十分に信頼しているか確認が必要でしょう。

整合性をチェックする機能を用いて宛先を入力する<
例えば米国の住所であれば、3桁の ZIP コードを入力してみてください。恐らくエラーメッセージが表示されます。しかし、海外の住所については、このようなチェック機能は無いでしょう。これが原因で、海外の住所に高い確率で誤りが発生する可能性があります。海外への送料は高価なので、顧客または e コマース業者がデータ入力の誤りに大きな対価を支払うことになります。 海外の住所を検証できる e コマースプラットフォームを使って注文処理を完了し、損害がともなう過失を回避してください。

運搬と検査に耐えられる梱包材を使う
頑丈な梱包が必要なことは、誰でも分かります。しかし、荷物が国境を越えるとき、検査のため開封されることはよくあります。検査官は荷物の再梱包にどれだけ手間をかけるでしょうか。可能性が最も高いのは、荷造りテープでぐるぐる巻きになって顧客のもとへ届くというものです。 簡単に梱包をし直せる荷姿であれば、多くの心配の種を拭うことができるでしょう。

現地の祝日などの条件に対応する
地域によって祝日に違いがあります。祝日に会社が休みになると、荷物を配達できません。 顧客に商品の到着予定日を通知する場合は、現地の祝日を考慮に入れてください。配達日を、特定の日付ではなく、営業日の日数で見積もることもできます

海外発送も可能な限り追跡する
オンラインで商品を注文してから実際に受け取るまでの時間は、情報のブラックホールのように顧客は感じるものです。この不安を軽減するため、一部の配送業者は先進国で荷物をきめ細かく追跡できるようにしています。しかし、海外での追跡に関しては情報が非常に限られています。 物流業者がこの状況を改善するまでは、顧客の期待どおりの時間で配達できるか常に確認し、予定より遅れるようであれば顧客にすぐ連絡します。

費用や価格を顧客の通貨で表示する
為替相場が不安定な国では、この作業は特にややこしいものになります。しかし、だからといって通貨の換算を顧客に期待してよいことにはなりません。eコマース業者が短期の為替変動による差額を吸収するか、購入時の価格が為替相場の動きによって変わる可能性があることを顧客に確実に伝えるようにしてください。

結論

海外発送が、国内への発送と比べてかなり煩雑なことは間違いありません。しかし、優れた物流システムへの投資は、国境を越えた販売が増えるというメリットからの収益が期待できるのなら、小さな出費です。ここで紹介した基本ステップを導入すれば、発送オプションが国外の顧客にも魅力的なものに映るでしょう。

詳しくは、こちらをご覧ください: http://blogs.pb.com/ecommerce/2014/08/19/make-shipping-more-attractive-for-international-customers/#sthash.Mfljg3BB.dpuf