ロケーション インテリジェンス

顧客情報管理

顧客の住所録を地図の上に展開して顧客の分布を視覚化。その背景に、当該地域における購買力のポテンシャルを数値化した情報を重ねることによって、顧客に対するさまざまなマーケティングが可能になります。メーカーの販売店に対する販売管理やハウスカードの売上記録による広告効果の測定などにも応用できます。

ソリューション活用例

A社は、化粧品の販売を行っている会社です。
中野区周辺には、すでに多くの顧客が存在しますが、更なる新規顧客獲得に向け営業所周辺のポテンシャルが高い地域にビラを配布しようと考えています。

既存顧客、中野営業所分布図

新規顧客獲得に効果的な配布地域を割り出すため、まずは、中野営業所周辺の顧客がどのように分布されているかを見てみることにします。
自社顧客情報を、住所を基に地図上に配置します。
営業所周辺には、ほぼ均等に顧客が住んでいることがわかります。

設定商圏

ドライブタイムや営業所から1km及び2kmの商圏を設定し、ビラを撒く地域の分析範囲を決めます。

20代女性の人口数で地域を色分け

設定した商圏に、各種統計データ(人口、世帯数、年収、消費、商業など)を重ね、色分けします。今回は、A社がターゲットとしている20代の女性の多い地域で、地図色分けします。

ターゲット人口の多い地域決定

1km、2km設定商圏内で、ターゲット人口の多い地域を割り出します。
中野営業所の南側の地域は、ターゲットとなる20代女性人口が多く、既存の顧客も多く存在していることがわかります。
しかし、中野営業所の北側の地域は、ターゲット人口が多く存在する地域にも関わらず、既存の顧客があまり存在していない地域であることがわかりました。
新規顧客獲得のため、ターゲット人口が多いにも関わらず、既存客の比較的少ないこのエリアに、重点的にビラを撒くことにしました。