ロケーション インテリジェンス

あらゆるビジネスがロケーションインテリジェンスについて考えるべき3つの理由

モバイル広告、ソーシャルメディアマーケティング、およびビジネスインテリジェンスがどう、GIS(地理的な情報システム)の恩恵を得ることができるようになるのでしょうか。

The ease-of-use of mobile apps like Google Maps and Strava (都市計画の際によく使われています)のようなモバイルアプリケーションの使いやすさは、位置情報をこれまでと異なるやり方で考え始めるために多くの企業にひらめきを与えました。 その結果、多くのIT専門家は、位置を活用したアプリケーションの作成を依頼されるようになりました。

「ITは、今や位置に関する知見を持ち、アプリケーションを構築することを求められるようになっています。これまでそれらのテクノロジーに関わったことが無くても、です。これは、ピツニーボウズのような組織がGISの専門家ではない人々がアプリケーションを開発したり、サービスを提供したりできるような機能を提供しているからです。それを利用する際には、これまでにそのような技術力の基礎前提がなくても大丈夫なのです。」と、ピツニーボウズのプロダクト マネジメントディレクターであるClarence Hempfieldは述べています。

GIS技術への個人向け適用技術は、急速に進化し、今や誰もがスマートフォンの上で指を何回かタッチするだけで、GISの技術を体感できるようになりました。公開されている大変に価値のある位置情報ベースのデータを活用して、新しいお店を見つけたり、生き方を知ったり・・・また、個人の利用者は、企業にそれを望んでもいるわけです。

多くのビジネスが困難なのではないかと敬遠し、ロケーションインテリジェンスプラットフォームの導入をためらっていますが、事実IT専門家にとって、いくつかのGISツールは非常に効果的に使うことができます。 位置情報ベースのアプリケーションへのニーズが高まってきたおかげで、フォーチュン500会社と地元のコーヒーショップの両方で使用できるようなソリューションはすでに存在しているのです。

より多くの消費者が彼らの日常生活に位置を組み入れようとするとき、ビジネスは、それを維持し続ける必要があります。 次の3つの理由は、LIがあなたのビジネスに対して恩恵を与え続けるようにするためです:

1. 各地域のソーシャルの活用が拡大

GISツールが一般消費者向けになったという証拠が必要であれば、LinkedIn, Twitter, Facebookといったソーシャルメディアネットワーク以外に見るべきものはないでしょう。これらの3つのメディアの広告は、地域ごとの消費者を対象にビジネスを進めることができるようになっています。

例えば、ダラスにあるレストランであれば、その周辺に住んでいるTwitterユーザーに、Twitterで割引クーポンを送ることができます。または、アトランタの保険会社はLinkedInを使って、グレーター アトランタ メトロ地域で見込み顧客を狙うことができるわけです。

これらの種類のツールは、サービスを利用するためには、ほんの数クリックするのとわずかなGIS技術に関する知識があるだけなのです。 Promoted Tweets、Sponsored LinkedIn Updates、およびPromoted Facebook Postsを使用することによって、あらゆるビジネスがソーシャルを活用し、地元の顧客向けにメディアチャンネルを育てる、逆もまた同様にブランドの認知や販売をかく地域単位で行っていくことができます。

2. データと地図は、あなたの将来の計画を支援します

GISプラットフォームがあると、あなたは、今までは見たこともなかったようなデータを収集して、そのデータの見える化ができるようになります。例えば新しい場所にお店を出そうと計画している場合、地図上に、その地域の人口、社会的経済データ、犯罪関連情報などを表示、透過させながら、過去のパターンに基づく販売機会とリスクを想像することができます。

これは、新しいお店の出店計画だけではなく、在庫管理にも役立ちます。30代の人口が多い町は、60代の人口が多い町とは、ことなった商品の在庫が必要となるかもしれません。外部のデータに位置を追加することで、丹念に情報を収集し、洞察を加えることでその地域が本当に必要なものを理解し、より良いビジネスを築くことができるようになるのです。

3. 位置でBIにスーパーチャージを

ビジネスインテリジェンス(BI)は大きな成長をしています。新しいプラットフォームでは、ダッシュボードや、 詳細な分析機能 を提供しており、企業がこれまでにないやり方で、見える化やデータをスライスできるようになりました。しかし、位置のこととなると、通常、その情報はどこかに追いやられてしまうのです。 GIS専門家は、LIに基づく一貫した戦略を作成するために一生懸命働いていますが、それらの取り組みは組織から離れてしまっているのです。

しかしながら、ロケーション インテリジェンスにBIを結合することは、カスタマージャーニーの改善には欠かせません。郵便番号や国などで、顧客をセグメントすることができるかもしれず、それを使って、地域ごとの過去、現在そして将来の顧客の傾向について定期的に見直してみませんか?

位置情報をBIに適用することによって企業は、今どこでよく何が売れているか、そして、どの領域がマーケティング施策への反応が良いかなどから、顧客サービスが、どこで改良される必要があるかが見えてきます。

パートナーシップ、販売、顧客、および見通しを想像して、分析して、追跡する新しい方法を作成して、位置情報はBIにスーパーチャージできるのです。

位置、位置、位置

モバイル広告、ソーシャルメディアマーケティング、経営計画やビジネスインテリジェンスはロケーション インテリジェンス ツールを通して多くの恩恵を受けます- GISの一般消費者活用化の恩恵により-最終的に地域ごとのビジネス推進が可能となるのです。

GISの一般顧客向け活用(コンシューマライゼーション)について詳しく知りたい方は、  こちらをクリック!

- 詳しくは、こちらをご覧ください: http://blogs.pb.com/pbsoftware/2014/07/30/why-location-intelligence/#sthash.KqYmcK5A.dpuf