ロケーション インテリジェンス

交通量予測システムの出力結果からマップを作成し視覚化

交通量予測や渋滞予測の結果をMapInfoの導入でマップに表現したことで、より精度の高い予測が実現。

お客様の概要

1973年に創立の西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社は、関西地区の高速道路設備の保全管理の業務を行っている

交通部門では高速道路を含む主要幹線道路の交通量のデータを蓄積し、渋滞予測を作成。高速道路利用者が安心・安全に移動できるよう情報提供を行う

ビジネス目標

交通量や渋滞の予測データを、分かりやすくビジュアル化する必要があった

手作業では負荷と時間がかかりすぎるため、システムで自動的に、素早く地図化できるシステムをもとめていた 

 

利点

Mapinfoの導入で、ビジュアル化が素早くできるようになった

MapInfo のプロフェッショナルサービスにより、困難なデータ読み込み作業を克服できた

渋滞のシミュレーションからマップ作成までの自動化を実現することで、臨機応変に条件を変えたシミュレーションが短期間で実施できるようになる

 

使用した製品

詳細

概要

「ボクらが『針金図』と呼んでいるネットワーク模式図のデータをGISのシステムに読み込むというのが、導入に際して高いハードルになっていました。」 西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社 交通・環境技術部 チーフエンジニア 安 時亨 氏
NEXCO Engineering Kansai

より多様な条件を与えて渋滞予測を数多く行うため、地図化された渋滞予測結果の確認を迅速に行いたい。けれども、手作業では人的な負荷と時間がかかりすぎます。

出力結果を自動的に地図化するためにMapInfoを導入し、素早いビジュアル化に取り組みました。

 

 

ビジネス ニーズ

高速道路のスーパーホームドクターは渋滞予測のプロ

お盆休みやお正月など帰省ラッシュが発生する時期には高速道路の交通量が増加し、渋滞が頻繁に発生しています。出発時間を調整したり、経路を再検討して何とか渋滞を回避しようと、高速道路の渋滞予測情報をチェックした経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。

NEXCO西日本のグループ企業である西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社では、関西全域の高速道路の維持管理という業務の一環として高速道路の渋滞予測も行っています。

「大型連休等の交通繁忙期や高速道路上で大規模工事を行う場合、渋滞が発生することは少なくありません。高速道路を利用するお客さまに安全と安心をお届けする『高速道路のスーパーホームドクター』としては、このような渋滞をあらかじめ予測し、正確な情報を利用者に伝えることは非常に重要な仕事なのです。」取締役で交通・環境技術部長の中村さんから説明いただきました。

「針金図」の壁

「渋滞予測を行うためには、まず専用のシステムを使って当該道路を利用しようとする交通量(需要交通量)を求めます。」交通・環境技術部のチーフエンジニア安さんに手順を説明していただきます。

「ここからは少し面倒な手順です。ここで求めた交通量とともに、過去の交通変動データと当該道路の交通容量データを渋滞予測プログラムに取り込み、予測される渋滞の発生場所、延長、継続時間等を計算で求めていきます。」「この交通量と渋滞の予測結果はただの数値の羅列です。だから誰もが一目でわかるように、この数値の地図化が必要でした。これまでは、それをイラストレータを使って手作業で行っていました。」

手作業では人的な負荷と時間がかかりがちです。より多様な条件を与えて渋滞予測を数多く行うため、地図化された渋滞予測結果の確認を迅速に行いたい。ここから、出力結果を自動的に地図化するための取り組みが始まりました。

「これまで扱っていたのは『針金図』といわれるネットワーク模式図でした。この針金図を正確な緯度経度に対応した地図に変換する必要がありました。しかし、これが一筋縄では行きませんでした。」「少し面倒な作業になったので、MapInfoのプロフェッショナルサービスとしてデータ編集作業を依頼しました。この成果により、需要交通量図をMapInfo® Proで描けるようになりました。」

ソリューション

MapInfo Proは、意思決定とデータ分析を支援するデスクトップ型の位置情報活用ソフトウェアです。
位置情報を持つデータを地図上で可視化し、設備管理・計画、新規顧客発掘、店舗展開、マーケティングおよび経営戦略をサポートします。

 

 

 

メリット

「交通量予測や渋滞予測の結果をマップに表現するのはとても効果的なことです。でも、手作業では徹夜作業って事もありました。MapInfoの導入でビジュアル化が素早くできるようになり、助かっています。」
取締役 交通・環境技術部長 中村 雅彦 氏
NEXCO Engineering Kansai

マップ化された結果を見ると、次の課題が見えてくる

「地図に出すメリットは、何といってもわかりやすさです。」というのが安さんの意見。
「表の分析では気づかなかったことがたくさん出てきました。それをモチーフにして違う変数でシミュレーションを行うなど、予測の精度は増してきていると思います。」今後はまだ自動化されていないレポート用のマップ作成部分の自動化も考えていきたい、という意欲を皆さん共通にお持ちのようです。
「工事計画を立案するための打合せの場でMapInfo® Pro を使ったシミュレーション結果のプレゼンができたら、臨機応変な提案ができるようになってベストですね。」と中村さんにまとめていただきました。

最後に、長年渋滞予測に携わってきた安さんに、渋滞予測情報の使い方についてのアドバイスをいただきました。
「ドライバーの皆さんが予測された渋滞の時間帯を避けるように行動すれば、渋滞は避けられます。予測は外れることになりますが、社会的には結構なこと。どうしてもその時間帯を外せなければ、渋滞が起こることを念頭におき、渋滞の最後尾で事故を起こさないように心がけていただければ。」というコメントをいただきました。