ビジネス情報を地図上に展開してビジネスの判断を改善する

Spectrum Enterprise Geocoding Module

表記ゆらぎのある住所を高速かつ適切にジオコーディング

あらゆる分野の業務において、Spectrum Enterprise Geocoding Module は、さまざまな方面からビジネスをサポートします。位置を正確に把握することではじめて、2点間の距離を計算で求めることが可能となったり、対象地域の潜在的な市場規模を見出して投資の的確性を判断することができるようになったりします。

ビジネス情報の価値を高める

Spectrum Enterprise Geocoding Module は、企業活動において有効活用が期待される地理的データをより高度にすべくさまざまな手段を提供します。Spectrum技術プラットフォームの一部である住所ジオコーディングのソリューションを活用することにより、住所から地図上の場所を得たり、その逆に緯度経度から住所を得ることによって、正確な地理的な位置を特定することができるようになります。

 

正確な位置情報

Spectrum Enterprise Geocoding Module は、高速かつ容易に、可能な限り正確な位置情報を取得するために番地号レベルの住所データや郵便番号の辞書を活用しています。

このソフトを利用することで以下のようなことが可能です。

  • 日本はもちろん、欧米やオーストラリア、アジア各国のジオコーディングが可能
  • ジオコードにととまらず、番地レベルの正確さで間違った記述の住所を正しい記述に修正できます

 

費用対効果も抜群

Spectrum Enterprise Geocoding Module は高速かつ効率的に動作するので顧客データの処理を高い効率で実現します。

さらに効果的な点は、郵便番号や住所と違って緯度経度は不変であるということです。住所ジオコーディングのソフトウェアを活用することによって、エンタープライズレベルで運用する情報に永久に利用可能な位置のコードを付加でき、正確な地理的なレポートを今後ずっと作成できるようになります。

 

 

Enterprise Geocoding Module はデータベースに含まれる住所や郵便番号などの情報から、ピンポイントレベルの緯度経度を付与するモジュールです。

顧客の理解を可能とする地理的アプリケーション

住所は目的地に行く目的のためには必須ですが、必ずしもビジネスに即効性のある情報にはなり得ません。
Enterprise Geocoding Module の正確な位置情報を使用すると、ある地点がリスクやサービスに適した場所であるかの評価、顧客と設備など複数地点間の距離計算といった位置情報の活用準備を整えることができます。

何百万行もの住所を素早く処理するスピード

比類のないスピードと表記揺らぎを吸収する柔軟性により、Enterprise Geocoding Module は無類のスループット、および顧客データの効率的な処理能力を提供しています。

最小の手間で最も正確なジオコードを提供

世界各国のジオコーディング技術とノウハウを集結してEnterprise Geocoding Module は構成されています。
ピンポイントの住所はもちろん、郵便番号、道路データ、交差点、地名データなどを活用して、緯度経度の座標とともに正規化された住所文字列も得られます。

永久に正確な位置情報

住所や郵便番号とは異なり、経度緯度は決して変わることがありません。
緯度経度を付すことにより、企業データは永久に正確な位置情報を保持することができます。

ワールドワイドなジオコーディング

日本を含む従来の対象国に、チリ、中国、エストニア、ギリシャ、香港、インド、インドネシア、ラトビア、リトアニア、マカオ、フィリピン、ロシア、スロバキア、スロベニアを加え、49の国や地域のジオコーディングを提供しています。

Enterprise Geocoding Module 提供国
  • ・ARG(アルゼンチン)
  • ・AUS(オーストラリア)
  • ・AUT(オーストリア)
  • ・BEL(ベルギー)
  • ・BRA(ブラジル)
  • ・CAN(カナダ)
  • ・CHE(チェコ)
  • ・DEU(ドイツ)
  • ・DNK(デンマーク)
  • ・ESP(スペイン・アンドラ)
  • ・FIN(フィンランド)
  • ・FRA(フランス・モナコ)
  • ・GBR(イギリス)
  • ・HUN(ハンガリー)
  • ・IRL(アイルランド)
  • ・ITA(イタリア・サンマリノ・バチカン)
  • ・JPN(日本)
  • ・LIE(リヒテンシュタイン)
  • ・LUX(ルクセンブルク)
  • ・MYS(マレーシア)
  • ・MEX(メキシコ)
  • ・NLD(オランダ)
  • ・NOR(ノルウェー)
  • ・NZL(ニュージーランド)
  • ・POL(ポーランド)
  • ・PRT(ポルトガル)
  • ・SGP(シンガポール)
  • ・SWE(スウェーデン)
  • ・THA(タイ)
  • ・TUR(トルコ)
  • ・USA(アメリカ合衆国)
  • ・CHL(チリ)
  • ・CHN(中国)
  • ・EST(エストニア)
  • ・GRC(ギリシャ)
  • ・HKG(香港)
  • ・IND(インド)
  • ・IDN(インドネシア)
  • ・LVA(ラトビア)
  • ・LTU(リトアニア)
  • ・MAC(マカオ)
  • ・PHL(フィリピン)
  • ・RUS(ロシア)
  • ・SVK(スロバキア)
  • ・SVN(スロベニア)

 

住所を含んだデータベースがあれば、情報を地図に落とすことができます。これをジオコーディングと呼びます。

 

 

Enterprise Designerによりジオコーディングの手順を設計します。

 

 

出力された結果は緯度経度を含んでいます。これをMapInfo Proで開けば、顧客の分布図が作成できます。