MapInfo® Pro v2019

位置情報をベースにした意思決定:情報探索、モデル化、行動支援

検索および空間分析機能の拡張と、マップ公開ツールやカスタマイズされたアプリの継続的なリリースと更新により、お客様のロケーション分析を強化します。MapInfo Pro v2019 では、実際の問題に対する分析の適用が容易になり、具体的なビジネス ニーズにこれまで以上に的確に応えることができます。

MapInfo Pro v2019

パワフルな新しいツールで機能性がさらに向上

 

新しいSQLウィンドウにより、企業内のデータをより速く、

よりシンプルに発見、セグメント化し、目的の情報を得る:

ユーザーはスクリプト編集支援ツールにより、複数のSQLステートメントやMapBasic文を含む、クエリースクリプトを独自に構築し保存することができます。保存したスクリプトを再利用する事で、クエリの構築、実行、再使用を素早く容易に行うことが可能です。SQL検索や各種のテーブル処理を頻繁に行うユーザーの生産性改善に大きな効果を発揮します。

 

 

Marketplace monitor

 

 

 

Marketplaceのアドオンアプリで位置情報の分析力を強化:

多くのアドオンアプリが継続的にリリース、アップデートされており、個別のビジネスニーズの課題解決を支援します。例えば、ある地域のドローン空撮写真画像が必要であれば、MapInfo® Pro Droneアプリで場所を指定し、発注することが可能です。さらに、特別な目的のツールが必要であれば、Marketplaceには様々な目的に対する有償/無償のアドオンアプリが数多く提供されています。

 

 

レイアウトを改善して美しいマップを作る:

レポート印刷時の、ラインや塗りつぶし、ベクトル化記号などのスタイル表現の品質が改善されました。レイアウトにおける再描画速度の向上、スナップおよびアラインメント、テンプレートギャラリー、複数ページのレイアウトなど、質の高いアウトプットを実現する多くの改善が含まれます。

 

 

simple heatmap

 

 

 

新しいヒートマップにより、データの空間的な広がりをわかりやすく可視化:

人や施設あるいは物に関するデータから、その位置の密度を「ホットスポット」として可視化することでより適切な意思決定を支援します。より高度な分析レベルが必要であれば、MapInfo® Pro Advancedにアップグレードすることで、高圧縮で高パフォーマンスなMRRフォーマットを使って、あらゆる種類のラスター分析を扱うことが可能になります。

プログラミング面のサポート拡大により、ビジネス プロセスの自動化やカスタマイズの能力が拡充:

NETに加え、新たにPython言語をサポート。MapInfo® Proに、よりパワフルな機能拡張能力が追加されました。MapBasicも多くの新しいコマンドで強化されています。

64 ビット版 MapInfo Pro への移行:

まだv15.0などの 32 ビット版をご利用のお客様は、より早く、より使いやすく改良された64ビット版への移行を是非ご検討ください。こうした改良は、お客様の業務の効率化にきっと役立つはずです。アップグレードが貴社にもたらすメリットをご確認ください

ロケーションベースの意思決定: 信頼できる調査、モデル、アクション。

MapInfo Pro v2019 への移行と MapInfo コミュニティへの参加をご検討ください。マッピング分析の未来を開拓するという希望に満ちた新たな活動への一歩を当社と一緒に踏み出しませんか?