物理距離と時間距離によるルーティングをシステムに組み込む

Spectrum Enterprise Routing Module

ポイント間の移動経路や時間距離圏を作成し、ビジネスの移動コストを最小化する

ルーティングの機能は立地分析の改善や配送効率の向上といった観点からビジネスに役立ちます。Spectrum Spatial Enterprise Routing Moduleによって、配送ネットワークを強化することや、重力モデルを援用して店舗ネットワークを構築して鍵となる市場を特定することもできます。また、救急車両のアクセシビリティによってその土地のリスクを評価することも行われています。

 

最寄ルートの検索

現実世界の移動ルートによる距離や時間と直線のそれらとの差は相当あります。Spectrum Spatialを活用すれば、山や川などの物理的な障害はもちろん、山間部や郊外などでは輸送ネットワークが充実していない地域性も考慮して、より正確なルートやより近い場所を見つけることができます。

 

ルート探索における多彩なオプション

Enterprise Routing Module ではルート探索にあたって最小化する指標として距離および時間が選択できます。また、歩行者なのか自動車なのかも選択可能であり、ビジネス上の優先順位をサーバ上でのシミュレーションで見極めることができるようになります。

どこを通過してどこでどの方向に進路を取るのかといった情報とともに、ルートマップを併せてアウトプットします。集配の時間短縮やガソリンの節約、クルマの消耗の低減といった効果が期待できます。

 

時間と距離からドライブタイムポリゴンを作成

ドライブタイムポリゴンを求めることによって、道路ネットワークに基づく一定の時間または距離で到達可能な領域を判断することが可能になります。このドライブタイムポリゴンを活用することによって、ターゲットとする市場の情報を得ることができ、そのエリアが事業を行う適地かどうかを判断可能となり、事業の成功を可能性を高めます。

 

幅広いデータカバー

Enterprise Routing Module では、25以上の国や地域の道路ネットワークを含むさまざまなデータパックの提供が可能です。

ルーティングの高い機能

  • 自動車および歩行者による最短距離または最短時間のルート探索
  • 時間と距離によるドライブタイムポリゴンの作成
  • 道のり距離を基準とした近傍施設検索
  • 経由点をリスト化した運行経路表の作成
  • ルート沿いエリア抽出用のポリゴン作成
  • 複数地点のドライブタイムポリゴン作成
  • 道路ネットワークの通行不能箇所に対する動的な対応

アプリケーション内へのルーティングの統合

  • SOAP/REST によるウェブサービスAPI によるビジネスアプリケーションへのルーティング機能の統合
  • Enterprise Designer 上でデータ操作手順の流れをドラッグ&ドロップによるビジュアル操作によって、ルーティングの要素を含む位置情報解析機能を構築してウェブサービス化できます
  • ルーティング機能を含む大規模なバッチプロセスの構築
  • 位置情報を含まない通常のデータベースシステムにルート探索関連の変数を加えることによってデータベースシステムを進化させることができます
  • 内臓のデータベース統合機能により、各データベースやウェブサービス、ファイル、XMLなどのデータソースからの読み込みや出力結果の格納を行えます
  • Spectrum テクノロジープラットフォームの一部として、Enterprise Routing Module は Enterprise Geocoding Module や Location Intelligence Module などの他のモジュールと組み合わせて利用可能です

ルート探索用の道路ネットワークのパッケージ

  • 25以上の国と地域の自動車および歩行者のネットワークのデータパック
  • ご要望に応じて、カバーエリアの拡張やネットワーク設定のカスタマイズなどのデータパックのカスタムサービスも可能です

 

Enterprise Designerにより店舗から30分圏の顧客抽出手順を設計します。

 

各店舗から30分圏内の時間距離ポリゴンをMapInfo® Proで描いてみました。

 

動作環境OS

  • Microsoft Windows Server 2003 & 2008 (64bit)
  • SUSE Linux 10 & 11 (64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 & 6 (64bit)
  • Oracle Solaris 9 & 10
  • HP-UX v11iV3 (Itanium)
  • AIX 6.1, 7.1