米アメリカン ファミリー インシュアランス社、顧客満足度を高める ピツニーボウズの対話式動画ソリューション「EngageOne® Video」を採用

※本リリースは、米国コネチカット州スタンフォードで2016年3月7日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

顧客ひとりひとりに最適な情報を提供し、より効果的な接点を持つ

企業のコマースを活性化させる革新的な製品とソリューションを提供するグローバル・テクノロジー・カンパニーのピツニーボウズは本日、米国第3位の大手損害保険相互会社であるアメリカン ファミリー インシュアランス社が、同社の顧客エンゲージメント戦略強化のため、ピツニーボウズの対話式動画ソリューション「EngageOne® Video(エンゲージワン ビデオ)」を採用することを発表いたしました。

「EngageOne® Video」は、対話式のパーソナライズド動画を提供するためのピツニーボウズのソフトウェアソリューションです。「EngageOne® Video」を利用することで、顧客ロイヤルティの向上と新規顧客に対する商品の紹介や契約といったプロセスの改善を図り、より多くのお客様に的確にアプローチしていくことが可能となり、より密接な関係構築が可能となります。

「EngageOne® Video」は、新規顧客に対し、保険の契約内容やその適用範囲を個別に説明するために用いられます。新規顧客はパーソナライズドビデオを閲覧することで、自分の契約内容に関連した情報を得ることができます。さらにビデオを自ら操作し、疑問や懸念点について情報を取得することも可能です。

また、契約更新が必要な既存の顧客に対しても「EngageOne® Video」を活用することで、現在の保険契約内容を確認し、変化するニーズに合わせた追加の保障オプションを提案することが非対面のチャネルで可能となります。

ピツニーボウズ ソフトウェアソリューションのバイスプレジデントを務めるアンディ・ベリーは、次のように述べています。「今回の『EngageOne® Video』導入により、アメリカン ファミリー インシュアランス社とピツニーボウズの長年にわたるパートナーシップがさらなる広がりを持つことを大変嬉しく思います。『EngageOne® Video』は、すべてのお客様の契約内容に関して、個別のニーズに合わせて情報を提供することで、より豊かで有意義なカスタマー エクスペリエンスが実現するでしょう。」

「EngageOne® Video」の詳細については、こちらをご覧ください。http://www.pitneybowes.com/jp/customer-engagement/synchronised-communications-execution/engageone-video-for-real-time-content.html