東京海上日動 台風・集中豪雨への備えをパーソナライズド動画で配信

                         2016年9月16日

                  東京海上日動火災保険株式会社

                  ピツニーボウズジャパン株式会社

東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長 北沢利文、以下「当社」)は、台風や集中豪雨等のリスクに対する防災情報やお客様ご自身の保険の補償内容、万が一の際の連絡要領等を、パーソナライズド動画の仕組みを使って配信することといたしました。

パーソナライズド動画は、お客様固有の情報を動画に差し込んだり、お客様の情報に応じて動画ストーリーを組み替えたりすることのできる最新のデジタルテクノロジーで、ピツニーボウズジャパン株式会社(代表取締役社長 ベンハー・メスフィン、以下「ピツニーボウズ」)が提供するEngageOne® Video(エンゲージワン ビデオ(以下「EOV」)を採用しています。

1.背景・概要

今年も各地で台風や集中豪雨による水害や土砂災害が報告されています。東京海上日動は、防災・減災の観点から、こうした自然災害のリスクに対する「『備え』に関する情報」をパーソナライズド動画でお客様にお届けすることといたしました。

2.配信するお客様向け動画の内容

東京海上日動の「住まいの保険(火災保険)」・「超保険 住まいに関する補償」をご契約で、インターネットサービス「契約者さま専用ページ」をご利用の契約者様に、9月中旬よりeメールで配信します。

動画は約4分で、①台風・集中豪雨時の防災情報 ②個々のお客様ごとのご契約内容 ③被災時の連絡先・連絡要領 ④ご契約に関するお問い合わせ先 の4つのパートから構成されています。(動画のイメージは別紙の通りです。)

3.今後のパーソナライズド動画の活用・展開

(1)より詳細な災害・防災情報の配信との連携

今年度中に、気象情報等と連動した、より詳細な災害・防災情報の配信も予定しています。このほか、スマートフォンアプリ「モバイルエージェント」や「契約者さま専用ページ」と連動したサービスも検討していきます。

(2)お客様とのOne to One接点・アプローチの拡大・充実

契約更新の案内にも活用する等、お客様の契約内容や事故の状況に応じたサポートやアプローチを検討していきます。個々のお客様に応じたOne to Oneの対応をサポートすることで、お客様と代理店の接点を充実させていきます。

                              以上

 

1.動画「台風・集中豪雨への備えは十分ですか」のイメージ

タイトル表示

「1.台風、集中豪雨への備え」

「2.お住まいに関する補償内容」

お客様自身の保険の補償内容が表示されます。

「3.万が一損害が発生した場合の連絡先」

損害が発生した場合の当社連絡先である東京海上日動安心110番やお客様の契約代理店の電話連絡先が表示されます。

「4.ご契約等に関するお問い合わせ先」

 契約に関する問い合わせ先として、お客様の契約代理店の電話連絡先、東京海上日動カスタマーセンターが表示されます。

2.パーソナライズド動画について

ピツニーボウズの対話式パーソナライズド動画EngageOne® Videoの技術には、以下の特長があります。

  • お客様にあわせてシナリオ、個別の情報などをカスタマイズした動画を提供できる
  • 動画内の対話機能により、お客様ごとのニーズを把握し、よりよいサービスのご提供のプロセスを実現できる
  • パソコン、スマートフォン、タブレット端末などの様々な端末にも対応することで、お客様の閲覧環境に合わせた視聴が可能である。

EOVはピツニーボウズの提供する独自の技術で、世界ではすでに200社以上の導入事例があり、幅広い分野で利活用されています。

なお、当社のEOVに関わる運用システムの設計・構築、および動画制作等の運用全般は、株式会社イセトー(代表取締役社長 小谷敬二)が行います。
 

イセトーについて

イセトーはユニバーサルデザインや帳票電子交付サービスなどのITソリューションと紙の通知物を掛け合わせることで、「個客」コミュニケーション業務をワンストップで代行するBPOサービスを金融機関中心に提供しています。詳細は公式サイト(http://www.iseto.co.jp)をご覧ください。