郵便業務の効率化|郵便料金計器|封入封かん機

自動小包仕分けソリューションの導入で、発送業務を効率化

今日の消費者は、マウスのクリックや親指のスワイプだけで、世界中のあらゆる場所から商品を購入することができます。 グローバルeコマースの商量とスピードは、驚異的なペースで増加し続けています。 取引が瞬時に行われるオンライン・ショッピングにより、品揃えと配達時間に対し、購買者の認識が劇的に変化しています。 

このトレンドは、宅配業者や郵便事業にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 荷物の増加は、収益面でプラスの効果となります。オンライン事業者は、これまでよりもはるかに多い国内外の顧客宛てに、急増する発送物を、迅速かつリーズナブルな価格で届ける方法を考える必要に迫られています。 自動小包仕分けソリューションは、このような事業拡大の商機を支援します。

ピツニーボウズの 仕分けソリューション担当製品マーケティング マネージャー Eric Kempton 氏は、「我々は、顧客からの収益機会の最大化に必要となるインフラの効率化を可能にするテクノジーを提供しています。」と話します。

「宅配便や郵便事業において、物流プロセスはこれまでにないほど複雑な組み合わせが求められています」と、Kempton 氏は続けます。 「自動化プロセスを、発送業務の中核に据える必要があります。 配送事業者は自動小包仕分けシステムを導入することで、発送量の増加に対し、さらなる付加価値を提供しつつ、eコマースで成功を勝ち取るための基盤を確立することができます」 (Kempton 氏)。

自動小包仕分けソリューションとシステムには、バックエンド業務を改善する二つの大きな特徴があります。

高性能スキャナーによる、読み取りスピードの向上。

自動小包仕分けソリューションは高性能なスキャナーを装備し、宛名読み取りのスピードと、商品識別の精度が大幅に向上しています。 高いスキャン精度は、人手の削減に繋がります。 これにより、人員配置と人件費の管理が容易になります。

ピツニーボウズの自動小包仕分けソシステムは、宛名を広領域において読み取り、小包の大きさや重量なども計測します。 バーコード、機械印刷の宛名、さらには手書き文字までも、卓越した高性能スキャナーにより、OCR 処理がシームレスに実行されます。

プロセスの改善による、収益機会の把握。 

発送業務を自動化することで、配送事業者は、発送業務に係るコストを効率化し、収益性の高い新しいビジネス機会を獲得できます。 

ピツニーボウズの小包仕分けソリューションは、多彩な分析データを提供し、ビジネスの拡大に必要な新たな洞察を与えてくれます。 ピーク処理時間を正確に把握することで、人員とリソースを適切に配置し、仕分け処理の時間短縮につなげることができます。 搭載されている Alibi データ ストレージには、発送料金を計算するための情報が履歴と共に格納されています。 これにより、誤配送により発生するコストを未然に防ぐことができます。

またプロセスの自動化は、可視性と信頼性の高い運用を可能にするため、厳しい SLA (サービス レベル アグリーメント) の遵守にも役立ちます。 納期厳守を当然とする顧客の高い期待に応えられる体制があるという自負は、さらに収益性の高い発送業務への事業拡大と、サービス契約更新における好条件を導いてくれるでしょう。  

膨大な量の仕分けと小包の正確なスキャンを可能にし、ビジネスに対する深い洞察力を提供するテクノロジーの詳細については、 ピツニーボウズの自動郵便仕分けソリューションを参照してください。 

こちらもご覧ください

何故eコマースが郵便事業者にとって次なる商機であるか

郵便事業者が、急増する発送量に対処する新しい郵便テクノロジーや発送戦略の採用をどのように進めているかを解説します。

詳細

小包自動仕分けシステムがもたらすeコマースへの参入機会

eコマースの成長が牽引する、発送する小包の仕分けや管理の自動化が、どのように進められているかを解説する。

詳細