郵便業務の効率化|郵便料金計器|封入封かん機

何故eコマースが郵便事業者にとって次なる商機であるか

eコマースの存在が日々増すなか、輸送業者は配送網の見直しを迫られています。

eコマースの存在が日々増すなか、輸送業者は配送網の見直しを迫られています。グローバルでオンライン事業を展開する企業の成長は目覚ましく、新たなテクノロジーによりオンラインやモバイルによる購入が益々容易になる中、この勢いはすぐには衰えそうにありません。

こうした状況は、民間の郵便事業者にとって有望なビジネスチャンスとなる一方で、競争に勝ち抜くための新たな郵便テクノロジーや配送戦略の採用も必要となってきます。

とりわけ、配送の効率性は、グローバル化が進む市場で成功納める企業とそうでないものとの主要な差別化要素となってきます。

発送を効率化するためのネットワーク

オンライン販売の拡大に基づく小包発送量の増大は、民間の郵便事業者に、減少を続ける郵便量売上を穴埋めする好機を与えます。多くの輸送業者は、小包をグローバルに輸送するための小売りや発送パートナーから構成されるより効率的なネットワーク構築し、この商機を最大化したいと考えています。

地元の輸送業者と小規模のeコマースプロバイダー間に生まれる新しいパートナーシップは、両者にとって魅力的なものとなります。前者にとっては新たな収益源となるサービスの追加であり、後者にとっては同日配送サービスの提供です。

同時に、各事業者は、世界中に発送される小包の中継点としての地位を狙っています。"eコマース・コンソリデーター" と呼ばれるこのような事業者は、国際間の取引をする小売業者から小包を集荷・集約し、最終宛先まで届ける輸送業者向けに発送します。

環境に優しい配送

グローバルな配送ネットワークの再編にとどまらず、郵便事業者は、小包配送の効率性についても検証を進めています。最近のグローバル発送に関する見本市では、燃料コストの負担を低減できる、環境に優しい輸送車両が多数展示されていました。

例えば、より効率的な輸送車両を必要とする配送業者は、最新の電動車両の購入を検討するでしょう。あるいは、地方の配送業者は、ルートを構成する輸送業者に対し、多数の小包を収容可能な特注の自転車の整備を求めるかもしれません。

地球に優しい配送は、輸送業者が、発送に係るオーバーヘッドの軽減と、重要であるが事前予測が困難な配送コストを相殺できる機会を求める続ける限り、今後も活発に追及されていきます。

先進技術に基づく発送費

小売と輸送の各事業者業は共に、人件費の削減や配達スピードを劇的に短縮できるテクノロジーを常に求めています。

輸送パートナーを探す小売業者にとっては、発送コストの管理が最優先課題です。ソフトウェアは、小売業者が配送に関わる様々な要件(サイズ、宛先、特殊要件への対応)の評価を手助けします - 最終目的地に安価に配送できる輸送業者を見つけ出すために。

輸送事業者にとっては、小包自動仕分けソリューションが処理の高速化、スケール化、初期コストを低減できる選択肢の一つとなります。様々な市場にサービスする郵便事業者は、柔軟で実装コストが安く、増大する発送量に対応できるソリューションを求めています。