発送と郵便業務

カラー印刷でビジネスにメリットを

これまで多くの企業にとって、明細書のカラー印刷は、導入を検討するにはあまりに煩雑またはコストのかかるものでした。フルカラー郵便物の作成は、時間がかかるうえ、高性能設備への投資も必要です。また、生産プロセスにいくつもの追加工程を加えなければならず、最終的に1通あたりのコストが膨らむ結果となっていました。

しかし、時代は変わりました。印刷技術の進歩により、カラー印刷はいまや魅力的な顧客体験を創出したい企業にとって望ましい選択肢となっています。

お客様に郵送する明細書や通知書に、鮮やかでパーソナライズされたメッセージを添える。それにより、取引関連郵便の送付という基本的な業務が、お客様からの信頼を勝ち取り、価値を提供するチャンスに変わります。さらに、ターゲティングされたクロスセルやアップセルのオファーを明細書に直接加えることで、新たな収益の機会も広がります。

さらにデジタル印刷技術は、郵便センターの効率も高めてくれます。この技術により、1枚あたりのコストを抑えつつ、高インパクトのカラー文書を作成できるプリンターが実現されました。在庫管理や製作、郵便料金、発送などに関わる諸経費も削減することができます。かつては部屋いっぱいにプリンターを並べ、専門スタッフが総がかりで行っていた印刷業務が、今ではたった1台の印刷システムとオペレーター1名で完了するようになったのです。しかも、以前よりずっと高速、高品質で。

ここではピツニーボウズのカラー印刷が、貴社の取引関連郵便物の印刷をいかに簡易化・迅速化し、より高い投資利益を得るお手伝いができるかを解説します。

コスト効率の高いカラー印刷。

かつて、多くの印刷・郵便業務において、高速カラー印刷は「手の届かないもの」でした。これは、初期のカラートナー印刷技術が、高品質の明細書を作成するうえでは比較的非効率的だったためです。その点、現代のデジタルインクジェット式プリンターは、スピード、最大スループット、そしてより高品質な印刷という面で最適化されています。その結果、デジタルカラー印刷のコストは数十年前に比べれば微々たるものとなりました。高速連続フィードのインクジェット式カラープリンターがより洗練され効率化されていくなか、この傾向はさらに強まる一方です。

たとえば、現代の最先端インクジェット印刷システムでは、カラーインクを塗布したい部分にプレコートを施します。すなわち、標準的な用紙でも高品質印刷が可能になるということです。また、企業向け印刷システムでは、カラー文書であれば最大183 m/分、白黒では最大244 m/分という高スピードで、信頼度の高い印刷が可能となります。簡単に言えば、より多くの郵便物を、より短い時間で作成できるわけです。これにより、色鮮やかな明細書を大量に、しかも最終的な収益への影響は最小限に抑えつつ、作成できるようになります。

カラー印刷はよりシンプルに。

以前であれば、明細書のカラー印刷には個別の事前作業が必要でした。そのため生産全体に時間がかかり、プロセスに無駄が生じていました。また、いくつものシステムと大量の資材を必要とするため、スペースがとられ、事業予算を圧迫していました。

しかし、今は違います。今日のデジタル印刷システムは、白黒とカラー印刷を1つのシステムによる能率的プロセスへと統合しました。これにより、取引関連郵便物を遅延なく、また予算的にも無駄なく郵送できます。

カラーのロゴ、取引データ、フォームなどは、すべて一括で印刷できます。加えて、可変データによるメッセージングを追加して、お客様ごとにパーソナライズされた明細書を作成することも可能です。面倒な準備作業等は必要ありません。むしろ、事前印刷された用紙在庫やカラーの折り込み紙、フォーム管理にかかるコストなどを削減または排除することで、費用を節約することができます。さらに、ピツニーボウズのデジタル印刷システムは、管理するオペレーターも少なくて済むため簡単に使用でき、研修による習熟も容易です。

カラー印刷の統合化。

ピツニーボウズのデジタル印刷システムは、高度にモジュール化されており、他の郵便物加工・封入プロセスと統合することで郵便センターの一層の最適化を図れます。これにより、カラフルで色鮮やかな取引関連郵便物を、1部から10万部まで幅広い部数で、より効率的な印刷プロセスにより一括作成することが可能となります。

また、従来はマーケティング用の折り込み紙を個別に作成し、組み合わせ工程で取引関連文書に組み込む必要がありました。しかし今では、単一の印刷プラットフォーム上で「トランスプロモ」メッセージをすばやく完璧に統合することができ、労力とコストを効率的な1つの包括的プロセスに一本化できます。

ピツニーボウズのあるお客様様は、新たな印刷ソリューションの導入によって印刷システムを統合し、アウトプットスピードを倍増。その結果、コストを削減し、柔軟性を向上させ、郵便物の有効性を高め、収益を増大させることに成功しました。

それはカラー印刷が顧客エンゲージメントと収益の双方にもたらす、確かな違いです。

詳しくは、当社のデジタル印刷システムラインナップから、御社に最適なソリューションをご確認ください。