ピツニーボウズジャパンの

EVP(Employee Value Proposition)とは?

Employee Value Proposition (EVP:エンプロイー・バリュー・プロポジション) とは、会社が社員に対して提供する価値のことです。 ピツニーボウズジャパンが社員に提供している「価値」を、5つの観点からお伝えします。

1.報酬

・毎年実施する給与サーベイを基に給与を管理し、採用・昇進・昇給において業界で競争力のある給与の実現を目指しています。

・在籍期間を問わず、組織の必要性に応じて、定期昇進だけでなく、即時の昇進機会を提供しています。

・年度評価制度は廃止しました。四半期や期末のレビューとコーチングを通して、社員の成長を促すパフォーマンスコーチングが行われます。

・インセンティブは、会社・部門・個人の業績マトリックスをベースに支給されます。業績マトリックスは、社員に開示し透明性を確保しています。

・営業職は、売上実績に応じて、業界でも高いコミッションの制度設計となっています。

・社外・社内からのノミネートを通じて、PBのコアバリューに沿った功績を残した社員・チームを四半期毎に表彰しています。

・会社は、営業成績上位の社員に、全世界のピツニーボウズ合同で行われるSales Leadership Conference (営業褒章旅行)をプレゼントします。

Compensation

2.福利厚生

・生まれ月の1日から末日までの間に1日、誕生日休暇を取得できます。また、6月から9月の間に夏期特別休暇を4日取得することができます。

・季節性インフルエンザ罹患時は、特別有給休暇を充てて休みを取ることができます。

・新型コロナワクチン接種時の体調不良時は、特別有給休暇を充てて休みを取ることができます。

・確定給付年金制度と企業型確定拠出年金制度の併用型年金制度を運用しています。確定拠出金限度額を超えた金額は、確定給付年金で運用されます。

・フレックスタイム制適用を申請することができます。コアタイム10時から15時、フレキシブルタイムは7時から10時、15時から22時です。

・多くの社員が在宅勤務を活用しています。

・積立特別休暇制度があります。失効する未消化の有給休暇残日数を積み立てることで、短期傷病ではカバーできない傷病休暇に備えることができます。

welfare

3.キャリア開発

・無料のオンラインビジネス講座:ピツニーボウズネットワーク上で特定の業務スキルや能力開発に関する多くのコースを無料で提供しています。

・ハイポテンシャル社員のキャリア加速化プログラム(スプリントプログラム):各部門から推薦された社員が、プロジェクトを通して部門を超えた実践的課題に取り組みます。また自身の能力開発目標も達成していくという挑戦的なプログラムです。

・本社運営のキャリア開発プログラム:社会人経験10年以下のハイポテンシャル社員に対する米国本社主導のフューチャーリーダー育成プログラムです。各地域のハイポテンシャルと切磋琢磨しながら、13カ月にわたってリーダーとしての能力を開発していきます。

・ビジネス英会話自己啓発補助金:レアジョブ社のビジネス英会話講座を申請・受講した社員に対し、受講率に応じた補助金を支給しています。

・ジョブポスティング制度:社員の自発的なキャリア開発を支援するため、社内のオープンポジションが明らかになり次第、社内にアナウンスをしています。

・グローバルキャリア支援週間:毎年9月に、キャリア開発に関する啓蒙イベントが企画・実施されます。

・キャリア自己申告制度:社員の自発的なキャリア開発を支援するため、いつでも社員の自己申告を受け付けています。

career

4.職場環境

・素晴らしい仲間

・尊厳と敬意をもって扱う職場

・チャレンジングな仕事がある職場

・達成感が味わえる仕事

・個人の違いを認め合う職場

・平等な機会が与えられる職場

・罰則を心配せず、革新的なアイデアの実践を奨励する職場

working enviroment

5.カルチャー

・正しいことを正しい方法で行う:ピツニーボウズの中核的価値観です。社員全員がこれを念頭に仕事することが期待されています。

・ワンチーム:経営陣は、各部門が顧客を中心において協力するという、「ワンチーム」のメッセージを送り続けています。

・企業の社会的責任:ボランティアがリーダーとなり、献金に留まらない企業の社会的責任活動を積極的に広げていっています。

・グローバルでありながら日本的:管理システムや仕組みの多くはグローバル企業ですが、日本的な社風がたくさん残っています。

・維持と成長:安定した顧客基盤から得られる売上に満足せず、果敢に新たな成長に挑んでいます。

・ダイバーシティ&インクルージョン:ダイバーシティ&インクルージョンを経営の中心において取り組んでいます。現在、「無意識の偏見」に対する啓蒙活動を全社的に推進しています。

※入社間もない社員にヒアリングすると、「フレンドリーで協力的」「求められる以上の仕事をする意欲がある」「謙虚で誠実」というコメントをよくもらいます。

corpoeate-culture