大量の郵便物処理に威力を発揮

DM300c™

中規模オフィスや総務、経理部署向けの郵便料金計器です。場所を取らない省スペース設計ながら一体型の電子スケールやセミオートフィード機能と連動して、大量の郵便物を一括処理する能力があります。日常の発送業務に加えて、特別な大量発送にも柔軟に対応できるキャパシティを持ちます。

DM300

中規模オフィスや、総務、経理、管理など各部署単位などで発送業務をおこなうお客さまにおすすめです。

請求書、領収書など通常の信書便、各営業担当者が個別に発送する小規模なダイレクトメールや案内状など、日常の郵便発送から大量の発送物の処理にも対応します。

一通のみのハガキや封筒、定形外郵便やゆうパック(旧小包郵便物)にも対応します。まとまった量の発送物はセミオートフィード機能を使って高速に処理することが可能。

日常の業務から緊急の業務まで、幅広く効率よくカバーします。また、発送量を25部門(オプションで最大300部門)まで別々に集計ができるので、郵便経費の把握や管理が簡単になります。

コンパクトな省スペース設計

電子スケールと一体になったコンパクトな設計。電話、ファクスと同じようにデスクやカウンターに置いても場所を取りません。また、インクジェットプリントによる静音設計なので動作音は最低限におさえられています。

 

 

 

セミオートフィードで業務の効率をさらにアップ

発送物の送り込み部分にはセミオートフィード機能を採用。差し込み口に発送物を挿入するだけで、郵便料金スタンプを印刷できます。

 

 

 

ディファレンシャル・ウェイング機能で作業時間を削減

ディファレンシャル・ウェイング機能によって、発送物の計量や料金時間算出を大幅に短縮します。まとまった発送物を電子スケールにのせ、そこから一通取り除けば、取り除いた分の発送物の料金を自動的に算出。数種類の重さの発送物が複数ある場合に非常に便利です。

 

 

見やすいコントロールパネルで作業を管理

カナ表示の見やすいコントロールパネルによって、発送業務を正確に管理。発送業務を記憶しておけるので、使用頻度の高い業務の設定をボタンひとつで呼び出すことができ、作業時間と手間を省くことができます。

 

 

LAN対応でマシンのアップデートが簡単

LAN環境によるインターネットを経由した通信が可能になりました。データセンターとの通信が高速になるため、残額補充やソフトウェアの更新が素早くおこなえ、より効率的な業務が実現します。LANによる通信が可能な郵便料金計器は、ピツニーボウズが日本ではじめてです。

 

  • お客さまのネットワーク環境に依存します。
  • 通信速度は、お客さまの回線種別に依存します。

機械寸法 (本体+電子スケール)

370 mm x 435 mm x 315 mm
(幅 x 奥行き x 高さ、スタッカー除く)

重量 (本体+電子スケール)

8.5 kg

電力仕様

100V、50Hz/60Hz、1.0A
Energy STAR®規格準拠

処理スピード

最高65通/分

封筒 / ハガキ仕様

最小: 89 mm x 127 mm
最大: 330 mm x 381 mm
厚さ: 0.2 mm ~ 9.5 mm
封筒フラップ深さ: 22 mm ~ 72 mm (封かん時)

接続方式

LAN回線(有線), 4G (オプション)